アスリートの懐事情~投擲選手の収入源~

NO IMAGE

東京五輪の延期が決定し、アスリートやそれを取り巻く環境は日々厳しいものになってきている。競技力の維持はもちろん、コロナウイルスによる収入低下や失職問題も深刻さを増している。

スポンサー契約の先行き不安

リオ五輪砲丸投げ金メダリスト、ライアン・クルーザーもコロナウイルスの流行による収入減を危惧する一人だ。

 

結局のところスポンサー契約が僕の給料だから、ちょっと困っているんだ。収入の大半を占めているからね。(クルーザー)

 

クルーザーはナイキとスポンサー契約を結んでいるが、それはあくまで2020年までのこと。2021年以降どうなるかは選手とスポンサー次第なのである。アトランタに拠点を置くエージェントのポール・ドイル氏によると、陸上選手は特に厳しい状況下に置かれているという。ダイアモンドリーグの初戦試合が延期になり、スポンサーからのパフォーマンス給が絶たれてしまったからだ。

ただし、2020年は多くのスポーツで中止・延期が決まりファンの欲求・関心が来年以降高まっていくのは必至。そういった背景を踏まえて、数少ないチャンスでいかにスポンサーにアピールできるかがアスリートにとって大事になってくる。

陸上は投擲に限らず、決して“儲かる”スポーツではない。それは世界一の陸上大国アメリカにも当てはまる。そして当然種目間格差も存在する1短距離やマラソンが最も高収入であるようだ

SPORTS management degree hubによると、トップ10選手のうち5万ドルを稼げるのは約20%。スポンサー収入、大会での賞金など諸々併せても全米ランク10位以内の選手の半数が年収1万5000ドル未満だという。ランキング10未満の選手に至ってはスポーツ活動で得られる収入はほとんどゼロに近く、アルバイトなどの副業や定職に就いている選手が多数である。

 

Athlete earnings studyによると、アメリカにおける跳躍・投擲・七種競技の選手は世界ランクによって以下のような収入を得る。

 

地位世界1位・スター選手世界ランクトップ10常連選手
収入10万ドル~2万~7万5000ドル
収入例
  • シューズ契約:基本給+ボーナス
  • 副次的収入源:出場料、賞金等
  • オリンピックトレーニングセンターの利用権
  • USOC健康保険が無償
  • 50%がシューズ契約
  • 主な収入源:賞金、USOC/USTAFパフォーマンスプール支援
  • オリンピックトレーニングセンターの利用権
  • USOC健康保険が無償
地位世界ランク10~25位世界ランク25位未満
収入1万~3万5000ドル0~1万ドル
収入例
  • シューズ契約は3割以下
  • 主な収入源:賞金、助成金
  • 大半がパフォーマンスプール支援や無償USOC健康保険を受けている
  • アルバイトは珍しくない
  • スポンサー契約はまれ
  • 主な収入源:賞金、助成金
  • アルバイト必須

 

アメリカの選手だけではない。円盤投げのダニエル・スタール(スウェーデン)も「収入が7,8割減った」という。

先人が通った道

ここで具体的な苦労エピソードを紹介しよう。2005年ヘルシンキ世界陸上金メダリスト、クルーザーの大先輩にあたるアダム・ネルソン(当時25歳)。彼は2005年、世界陸上の後に行われた「ワールド・アスレティックス・ファイナル」に出場した際、“SPACE FOR RENT(貸出スペースの意)”と書かれたシャツを着て出場した。スポンサー契約に事欠いていたのである。

ネルソンはこの大会21m92を投げて優勝し、賞金を獲得。「賞金3万ドルは助かる2月刊陸上競技2005年11月号88頁」と率直なコメントを残した。アメリカではスプリンターですら生計を立てるのは楽ではない。ましてや砲丸投げの選手ならなおさらだ。

 

同じくアメリカのリース・ホッファも大学卒業後は資金繰りに必死だった。砲丸投げの選手として一定のレベル(世界陸上出場など)に達しなければキャリアを退く決意をしていたという。

また、2012年ロンドン五輪アメリカ代表のランス・ブルックスは土木作業員として働いていた。

 

スポーツの価値は金銭のみならず

とは言っても、クルーザーにしろネルソンにしろホッファにしろ投擲選手としてのキャリアが茨の道であることは重々承知していたはずである。特にクルーザーは大成するかどうかは定かではないが、遥かに収入を得られるアメリカンフットボーラーとして生きる道もあった。ここでは紹介していないが、やり投げのブロー・グリアーもメジャーリーガーとして裕福な暮らしができた可能性があった。

それでも彼らが投擲を選んだのはこの競技に魅力を感じ、道を究めようと思ったからに他ならない。他の国はさておき、日本では陸上競技の中でも落ちこぼれ扱いされる傾向にある投擲種目だが、世界の一線級の選手には他のスポーツでも活躍できる可能性を秘めたスーパーアスリートも少なくないということを皆さんには覚えていただきたい。

 

 

【参考・翻訳】

Sports Lounge

Tokyo Olympics - Athletes like Ryan Crouser suddenly faced a…

 

How Olympic Athletes Make a Living:https://www.sportsmanagementdegreehub.com/olympic-athletes-salaries/#:~:text=Income%20depends%20on%20event%3B%20sprints,prize%20money%2C%20etc.).

 

A Longitudinal Examination of the Throwing Career Of Reese Hoffa: https://trackandfieldnews.com/track-coach/a-longitudinal-examination-of-the-throwing-career-of-reese-hoffa/