アリゾナ州立大のターナー・ワシントンが大学で競技引退

今年の全米学生選手の後、引退をほのめかしていたターナー・ワシントン(アリゾナ州立大)が引退を決意した理由を語った。ワシントンは1999年セビリア世界陸上円盤投金メダリスト・アントニーの息子であり、昨年全米学生選手権で砲丸投と円盤投の二冠を達成したエリート選手だ。

プロに進む選択肢もあったが、どうしてもその気になれなかった。

 

優勝しても寂しさがあって、皆に囲まれてお祝いのメールをもらったりもするけどしばらくしたら静かになって。ホテルで一人トロフィーと思慮にふけるだけさ。(プロ転向に関して)自分の心がそこへ向いていなかった。投擲は素晴らしいスポーツだと思っているし、今後は内外から関わっていけたらなと思う。

 

自身のキャリアについては満足しており、「素晴らしい旅だった」と締めくくった。

 

【Turner Washington】
砲丸投室内学生記録保持者(21.85m)でワシントン家の次男。今季は試合中にサークルで転倒し膝を故障したため本調子ではなかった。
参考・引用:https://www.kold.com/video/2022/07/08/hell-ride/
関連記事

あの大選手の遺伝子を色濃く受け継ぐ男が大記録を達成した。 大記録を放ったのはアリゾナ州立大学の二年生、ターナー・ワシントン(TURNER WASHINGTON)だ。1999年2月10日生まれ、アリゾナ州ツーソン出身の22歳。身長196[…]

21m85i

 

ツールバーへスキップ