投人
AUTHOR

投人Warning: Attempt to read property

投擲競技への熱が高じて2020年から動画投稿や記事執筆などの活動を続けている投人と申します。安直なハンドルネームに反して競技を普及させたいという思いは強く持っているのでお見知りおきいただければ幸いです。

  • 2024-02-13
  • 2024-02-24

投擲競技において合理的なフォームとは

先日インスタグラムにてこのようなDMをいただいた。 Q. 一目で分かるような綺麗で安定したフォームと粗はあるが基礎はできていて体を大きく使えるフォームどちらが合理的か 私はただの投擲マニアであって特に […]

  • 2024-01-25
  • 2024-01-25

【雑記】近年の砲丸投げアメリカ勢

クルーザーやコバクスは素晴らしいのですが、若い世代があまり育っていないという印象がずっと続いています。この数年で22m突破した選手はオッターダールやアウォトゥンデなど20代後半の選手ばかりで、若手の有 […]

  • 2024-01-24
  • 2024-02-17

円盤投げ年代別カテゴリーから見る日本と海外の記録差

当サイトを閲覧するような投擲フリークならば、シニア・U20・18などの年代カテゴリーに関わらず日本勢と海外勢の体格差・記録差は常日頃から痛感しているはずだ。しかし、具体的にどれほどの隔たりがあり、どの […]

  • 2024-01-19
  • 2024-01-19

投擲競技における2024年展望 円盤投げ編

スタール,チェー,マイコラスの三強強し 自己ベスト・実績からするとBIG3の力が抜けている。クリスチャン・チェー(スロベニア),マイコラス・アレクナ(リトアニア)の急成長ぶりにやや後れを取っていたダニ […]

  • 2024-01-18
  • 2024-01-23

投擲競技における2024年展望 やり投げ編

チョプラを筆頭にインド勢が熱い 安定感・大舞台での実績からするとニーラジ・チョプラの二連覇に死角はない。昨年のブダペスト世界陸上ではチョプラを含むインド勢三人全員が上位入賞という快挙を達成。今やインド […]

  • 2024-01-18
  • 2024-01-18

投擲競技における2024年展望 砲丸投げ編

パリ五輪開催を控えた2024年は、翌年に東京世界陸上を控える日本にとっても重要な一年になる。当記事では投人がパリ五輪の展望について触れることとする。 クルーザーの世界新とイタリア勢に期待 男子は何とい […]

  • 2024-01-07
  • 2024-01-19

国内における投擲界の問題について考える

日常的に触れる場面の少なさ 砲丸や円盤などの投擲用具はいざ投げようと思って投げられるものではなく、陸上部への入部がほぼ必須となる。そのため、少し興味を持った程度では中々触れる機会が得られないというのが […]